日曜読書 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌

切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申請・審査の全貌 | 菅 裕明 |本 | 通販 | Amazon

 

 

東大化学専攻の菅裕明先生が自身の米国での研究経験を踏まえて、2004年当時の米国科学界において科学者が教育・研究・予算獲得に関してどのような仕事をしており、それが米国の科学水準向上にどう寄与しているかを解説した書籍である。特に米国ではピアレビューによる切磋琢磨が科学研究の水準を高めていると本書では主張している。

日米問わずどの国でも研究者同士のピアレビューは行われるが、米国で機能しているピアレビューは一線を画すものであるようだ。

例えば、研究予算申請書について厳正なピアレビューが行われることで、米国の研究計画の質は維持されている。米国と日本では研究予算申請書に占める研究計画の分量が多く、日本では(科研費などの)申請書に占める研究計画の量は数ページ(5ページ程度)であるのに対し、米国(NSFやNIFなど)はその数倍以上の研究計画を執筆せねばならない。分量の多い研究計画となるとその内容について誤魔化しは利かず、その実現蓋然性評価のため論理展開の曖昧さやメインプラン破綻時の対応などが審査時には厳しく追及される。このように研究予算申請書に対して厳正な審査がある一方で、改善点についてのフィードバックが充実しており、それを踏まえて研究計画は一層洗練されて行く。個人的経験ではあるが、学振申請書(DC1)のフィードバックは集団内での相対順位に終始しており、具体性に欠けたものだったのは残念だった。フィードバックを充実させる意識が研究者コミュニティの中で醸成されているのだろう。このようにピアレビューが十分に機能することで、研究水準が担保されている。

本書が出版された背景には諸外国の制度を踏まえて大学制度が大きく改革された時期であったということが挙げられる。2004年に日本の国公立大学が法人化し、法人化に伴い国公立大学自治性が高まるため、特に個々の大学が経営を独自に行う米国の制度は注目されていた。米国の大学は研究者が獲得する研究予算から得られる間接経費を大学の運営に使用しており(まあ日本もそうだけど)、大学間で予算を獲得できる優秀な研究者の奪い合いが起きている。研究者も一定水準の教育・論文執筆・予算獲得を実現できなければ、パーマネントの職に就けず、任期付き職から脱するため日夜研究と学生の教育に勤しんでいる。おそらくは諸外国と比較して研究者に対する淘汰圧は苛烈だろうが、キャリアアップした際の報酬も大きい。

翻って日本については(2021年現在での結果論を述べても仕方ないのだが)、改革は失敗し、(分野ごとに相違はあれど)全体として研究者による科学論文執筆は質量ともに低下している。見かけだけ国公立大学に経営権がありながら、大学の基盤となる運営予算は現象の一途をたどっている。競争的資金については、選択と集中による予算配分の偏りに由来して、予算獲得競争に伴う研究の質的向上が健全に機能しているとはいい難い。研究者の立場で見てもパーマネントの職を得るための競争は他国と同様に厳しいが、米国のようなキャリアアップは目指せないだろう。大学院生についても選択と集中により一部の主要大学の特定分野にのみ予算が投下されており、学振などによる給料がなければ、学位取得までに経済的な面で数100万円~1000万円のハンデを背負うことになる。さらには就職後にそのハンデをペイできる将来像を描けない。彼我の差は大きいが、これらを改善していく当事者意識を持って行動したい。

博士後期課程に進学して三か月経って思ったこと

  • 論文執筆

遅筆過ぎる。執筆の習慣化に失敗してしまった。共著/主著が無限に発散してる事態ををなんとかしたいが……。卒業までにレター含む主著5本、共著20本を目指したいが、早くも敗北しつつある。

 

  • 学会発表

研究室メンバーや共著者らの支援により、修士課程での研究について運よく二度も賞をいただいた。とても嬉しい。学会発表一週間前から研究室での予聴会&発表資料のピアレビューを数度行うことによって質を担保できているのが奏功している。研究室メンバーが優秀で本当に助かっている。原稿も毎回用意しているのだが自分の喋りが300字/分であることがわかり、発表の繰り返し再現性が上がった。

 

  • 新しい研究の開始

新しく入ったB4の学生さんと一緒に新しい分析の立ち上げを行ってるが、あまり労力を割くことができないでいる。四月、五月は心身ともに体調が怪しかったのと、書類仕事&学会準備に追われたこともあり、ぼーっと過ごしてしまった。六、七月も既存の測定ばかりやってしまい、恥ずかしい限りである。ボスにも普段からお前は保守的だと茶化されている。修士の研究も共著者のみなさんの支えがなければ上手くいかなかったので博士課程では自立したいが、特け手を打てているわけではない。

一つ光明があるとすれば、B4の頃はできなかったある試料準備法を身につけられた(or手技が向上した)のは、本当にやりたいことをやる上で重要となるかもしれない。また、B4の学生さんとやってることについてもなんとか秋の学会に出せる程度にはまとめられそう。ここから年度末までは研究に集中しなきゃいけない。

日曜読書 Science Research Writing for Non-Native Speakers of English

www.amazon.co.jp

 

 修論を書いていた時期にボスに口酸っぱく言われたことは,「君の文章は文法的には正しいのだが酷く読みづらい.ちゃんと文章の書き方を日本語も英語も勉強しなさい」ということだった.いやこれは学部卒業の時期から指摘されていたけど自分があまり深刻に思ってなかった.そうこうしてたら博士課程に進学することになり,論文の数で殴り合う世界に来てしまった.博士課程ともなると文章執筆が苦手とは言ってられない.自分が筆まめでないのは古からなのだが,悪い文章を書いてることは書いてる端から認識できてしまう.結局添削してもらうにも遅筆過ぎて一層質が悪い.今現在もどんどんペンディングの原稿が溜まっている.

 というわけで論文執筆に関連しそうな本をざーっと読み漁った.有名な木下先生の「理科系の作文技術」はひたすら逆茂木型の文章構造はやめなさいということが一冊に渡って書かれていた.なるほど,日本語で文章を書くと陥りがちな構造である.ポール・J・シルヴィア氏の「できる研究者の論文生産術: How to Write a lot」は文章の書き方というよりは,どうやって論文執筆を習慣づけていくかについて重点が置かれていた.本書で記されているような習慣づけができたらなんでも上手くいくとは思うが,場当たり的な自分には到底真似できないという気分になってしまった(いや習慣づけろよ自分).

 そんな中で見つけたのがScience Research Writing for Non-Native Speakers of Englishである.本書はfor Non-Native Speakers of Englishと書いてある通り,平易な英語で非常にわかりやすく論文の構造や語彙について解説している.自分は系統的に文章の書き方を学んでいなくて,ただの猿真似だったのだと痛感させられた.系統的な知識なしに,ボスや先輩方を真似していても彼らを超えることはできない.母国語で論文を書くにあたっても本書は参考になる.学部生はTOEFLとかの勉強してる暇あったら本当にこれを読んでほしい(注1).実書籍だと検索能がなくて語彙を調べるのが難しいし,電子版の追加課金も検討したい.余談ですが,出版社勤めの友人もオススメしてました.

 英語論文執筆について古典的に有名なWilliam Strunk Jr.氏のElements of Styleにはまだ手を出せていない.某J. K.氏が著書の中で大変オススメしていたが,なかなか堅い英語なので読むのに骨が折れる.米国でキャリアを築くなら必要なのは納得である.

 

(注1)自分が文法的に合ってるけど的を射ない英文を書いてしまいがちな背景に大学受験勉強やTOEFLのせいなのは否めない.高校時分に帰って本書を読ませたい.

日曜読書 そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3.0の政治経済学

www.amazon.co.jp

 

三年前に話題になった本を今更ながら読んだ.

本書は日本経済にデモクラシーが欠如している点を指摘し,日本で”左派”と称される方々が経済成長を軽視している点について批判している.三年経っても日本の状況は変わっていないように思えるので今でも参考になる(欧州については政策トレンドが変容しているかもしれない).憲法原発など人道主義に関する議論に終始し,実際的な貧困層の困窮について解決を目指さない日本の”左派”の問題についてわかりやすく解説されている.

三者の鼎談形式で文章が進むため,注釈や引用が少なく,深掘りやファクトチェックが困難である点は気になった.この手の社会に関する議論を書籍化したものではやはり定量評価に言及するのは困難に見えるし,皆がお気持ち表明してるように見えてしまうのは難点である.

 

いくつか気になったところや考えたこと

・成長戦略は必要か?緊縮財政or金融緩和?

完全雇用が達成されている場合は構造改革等を通した生産性の向上が必要だが,不景気でそれが未達成の場合は雇用の更なる不安定化を招く.完全雇用が未達成であり,経済成長の天井に到達していない場合は財政出動が必要があるが,現実には緊縮政策がとられている.特に日本は自国の中央銀行を有し,強気な財政出動が可能であるので,緊縮路線はやはり問題のように見える.MMTに代表されるこのような意見については,通貨の国際的信用が堕ちる限度がどこにあるかの定量評価がカギとなるように思えるが,そこまで勉強するのは疲れるのでやめた.

 

・英国のBrexit支持層について

長年の緊縮政策により打撃を受けた貧困地域ほどBrexitへの支持は厚かった.正直なところBrexitにより貧困層の暮らしが良くなる気はしないけど,都市部の中流以上の層に対するアンチテーゼとしての意味合いは大きいのだろう.

これは無根拠なお気持ち表明なのでただの備忘録だが,日本において大阪都構想への不支持・支持は大阪市内の南北で別れたのは英国と類似構造なのではないかと思う.大阪南部の比較的貧困な地域では公共事業等のコスト削減が叫ばれる都構想に反対し,富裕層の集まる北部では都構想案は人口に膾炙する.都構想の住民投票は過去二回ともに僅差で否決されているが,その様を北部の人間が見て南部の人間を無教養だと冷笑する構図も見受けられる(これは本書中でも言及のあるチャブ差別の構図とも関連がありそう).そもそも都構想の本質は公共のコスト削減にはないと思うのだが,現実的にそうなってしまってるのは三十年来の緊縮政策に染まってしまった人々の妄執のせいなのかね……(これも無根拠なお気持ち表明).

 

・「選択と集中」に際しての権限の非対称性

・日本の"左派"の経済議論への忌避感・リベラル層のバラマキへの忌避感の根幹はどこ?

 

 

 

Ubuntu 20.04 LTSにUSB式のwifi子機を取り付ける

新年度になって研究室のデスク移動があり,デスクトップパソコンにつないでいたケーブルが有線LANの根元に届かなくなりました.しかもパソコンのOSがUbuntu 18.04ですので,市販品のwifi子機がうまく動くかわかりません.今までは有線でいいやって思ってたので無線が繋げない問題をずっと放置していたのですが,いよいよ厳しくなってしまいました.

まずUbuntu対応のwifi子機について調べてみると,ちらほらと日本語のウェブページでも記述がありました.

qiita.com

 

どうやら,TP-LinkのAC600ナノを使えば大丈夫らしいということが分かりました.

www.tp-link.com

www.amazon.co.jp

 

早速参照ページにしたがって取り組みます.

下記githubにドライバが上がっているので,まずはそれをgit cloneで引っ張ってきます.

github.com

githubに上がってるREADME.mdの手順に従い,dkmsのインストールと,ドライバのインストールを行います(下記コマンド).

sudo apt-get install dkms
sudo make dkms_install

ここで問題が発生しました.UEFIセキュアブートが機能しており,あやしいドライバを入れるのであればMOKキーを設定してUEFIセキュアブートの画面で同様のMOKキーを入力し,管理者であることを証明しろと言われました.このパソコンはもともとWindows10が入っていたものにUbuntuを入れ,Windows10を消去したものなので致し方なしです.

再起動するとUEFIセキュアブートの画面になりました.しかし,UEFIセキュアブートの画面ではUSBキーボードを認識しないせいでMOKキーの入力ができません.詰みました.普通に起動してlsusbのコマンドでwifi子機を認識しているか確認すると,やはりwifi子機がやはり認識されていません.

お手上げ状態で新しく着任したポスドクの先輩に相談したら,先月同様のwifi子機を導入したとのことで,とりあえずUbuntuをLTS 18.04から20.04にアップデートしたらいいのではアドバイスをいただきました.

こういう経緯でUbuntuのアップデートを行いました.半年ちょっと前に最新版のLTSがリリースされており,ものぐさなので放置してましたが,こうなっては仕方ないです.アップデートの前にはきちんとSSDのバックアップを取りました.バックアップを取ってアップデートするのに3時間くらいかかりましたが,無事(環境が破壊されず)アップデートに成功しました.アップデート前にgoogle chromeがバグっておりsudo apt-get upgradeが通らず,OSのアップデートを妨げていたので,google chromeさんには退出していただきました(Ubuntuからlineにつなぐ方法としてchromeが実は楽だから導入していた).
さて,ふたたびwifi子機ドライバの導入に取り掛かります.ドライバなしの状態でもlsusbでwifi子機を認識していました.これはかなり良い予感がします.うきうきしながら上記コマンドを使って再度導入するも,やはりUEFIセキュアブートが立ち上がってしまいました.ここで最後の手段としてBIOS起動(cmdからsystemctl reboot --firmware-setupのコマンドでBIOS起動が可能)してUEFIセキュアブートを一時的に停止しました.その後ドライバを再インストールし,再起動すると,無事wifi子機を認識し,wifi接続に成功しました.

とても疲れた.

 

2020年アニメ総評 with なるみん

なるみんとの2020年アニメ総評についてもう少し詳しく書きます。

 

  • 脚本賞 One Room サードシーズン

One Room サードシーズンはスマイラルアニメーション制作のハイクオリティ5分アニメ。霜井蒼星氏という人物だが、詳細は不明。原作は小説家の真野英二氏。本作品はヒロインと「あなた」の恋愛を描く作品なので,見る人を選ぶアニメである(要注意えっちアニメ).

今作は2017年より開始したOne Roomの第三期であり,その集大成である.新ヒロイン2人に加え,過去2シーズンのヒロインのその後も描かれる.新ヒロイン(1~4話),過去ヒロイン×2(5話,6話),新ヒロイン(7~10話),過去ヒロイン(11~12話)の構成が偉い.

特に一期からのヒロインである花坂結衣については三期の最終話を見たオタクは全員死ぬ.1分たりとも無駄にできない5分アニメ(正確には3分半)でここまで丁寧に各ヒロインの人生を描けたアニメを他には知らない.なるみんが挙げた体操ザムライもノミネート作品として納得だがOne Room好きすぎるのでOne Room.BD買う.

 

 製作は劇場版から引き続きエイトビットで,監督は吉田りさこ氏,副監督ジミーストーン氏である.本作品は魔法が科学的に研究された近未来を描くSFライトノベル原作アニメの三作目である.本作品は原作でイラストや設定画を担当したスタッフ陣がアニメにも関わっており,魔法や機械を使った戦闘描写は設定に裏打ちされたリアリティがある.自分もCADを使って魔法を使いたい(ちなみにわいは十師族).一期,映画を含めたメジャータイトルの三作目ということもあり,他作品と同じ土俵で比較するのは不公平かもしれないがご容赦願いたい.なるみんが挙げた呪術廻戦については,どの項目でも上位に来るため総合賞とした.

 

放送までノーマークであったが,毎週の放送が楽しみだった.最終的に上半期の総評ではなるみんも自分もS評価をつけた.

元カレに有り金を持ち逃げされた主人公が飲み屋でラジオプロデューサーに絡まれるところから物語は始まり,紆余曲折を経ながら主人公はラジオパーソナリティとして頭角を現していく.日常のシュールギャグ,ラジオパートのハラハラドキドキ感,ずぼらな主人公のちょっとした成長など見所は多い.最終話は意外な展開で驚いた.良い脚本構成だったので脚本賞ノミネートクラスではあるが,ライバル多いので仕方なし.

現実がつらい人にこそ見てほしいわね.

 

opedの映像も曲も非の打ち所がない.op映像作ってる人に脚フェチいるのか?opサビの勇気に染まるcolorsのところの優木せつ菜さんが好き.ed絵のナチュラルタッチの絵は良い意味で今までのラブライブらしくない.これには自分の蛍光色バリバリタッチがあまり好きではないという嗜好も絡んでくるのだが…….ed聞くとめっちゃ元気になる.令和のアニメーションに相応しいopedでした.

edについて2020年で他作品にも言及しておくと,心の中の逆張りの自分が22/7の空のエメラルドを推す.

 

メジャーセカンド第2シーズン中学生編は天下のnhk様が俺の考えた最強の声優打線をが叩き出してきた.

 

 

  • 総合賞 呪術廻戦

自分から特筆すべきことはない.一期最後の胸糞展開最高. 

 

 

 

 

 

 

2020年個人的好きだったアニメまとめ

なるみんと今年のアニメ寸評を一通り付けました.

なるみんとの寸評では,主観マシマシで好きだった作品への言及が少なめなのでこの記事にまとめます.以下の作品は問題点を自覚しながらも毎週楽しみに見てました.

 

  • ラピスリライツ

アイドル×魔法と銘打ってますが,アイドル要素も魔法要素も申し訳程度しかないです.女の子の楽しそうな学園生活を眺めるやつです.

 主人公が入学する学院は階級制でグループ分けされており,主人公は最下層グループに所属しています.入学時点から次に赤点を取ると退学させられる境遇です.やっぱり魔法学校は入学を許されたこと自体が才能を認められたエリートだけど,入学時点ですでに優等生と劣等生が存在するんだなあ.一応メインストーリーは退学回避に向けて女の子たちががんばるやつです.

評価を稼ぐべくいろいろ指令を受けて,女の子がドッジボール大会したり,山で遭難したり,かわいそうな目に会います.かわいそうな目に会わせるのは多分学院長の趣味です.ライブシーンも力入ってます.動くキャラクターめっちゃ可愛いです.主人公グループはめっちゃ良いライブをやったのに,理不尽な理由で退学させられます.かわいそうだね.

キャラデについてはイレイナたそいなかったらトップ争いしてたくらいに好きです.

声優はCUE!とかそこら辺の声優アイドルorアイドル声優志望の新人で固めてます.有名どころでいくと主役の安齋由香里さんとか.

 

  • 戦翼のシグルドリーヴァ

通称しぐるり.空を飛ぶはいふり

キャラクターがかわいくて,はいふりよりはキャラクターの掘り下げがきちんとしてて,それぞれのキャラクターの成長が見られる良いアニメ.現実の館山を舞台にしてるのでぜひ遊びに行きたい.

他媒体での前日譚等を理解していないと,なかなか作品世界を掴みづらい(いや,確固たる作品世界なんてあったのか?).第一話の一時間放送でついていけなかった人多そう.

神話世界が浅くて,それに伴いオーディンの動機も怪しい.神話世界探索とそのちゃんの苦悶を並行して話進める必要あったか?

あっさりと人が死ぬ&富士山最終決戦なので実質パシフィックリム2.

dアニメストアのオーディオコメンタリーが面白いけど,共感できてしまう自分の感性がおっさん化してることに悲しくなる.重要な話をするときはお風呂に入れると自然と流れを作れるらしい(あとお風呂に入れるとキャラクターの髪形を弄れるらしい).

声優の稗田寧々さんはこれから来そうですね.魔王学院でも良い役貰ってたし注目度高め.CUE!声優なので,来年のCUE!アニメ化がどうなるかだなあ.

内容が薄いことを除けば毎週楽しみに見れました. 

  • 22/7

デジタル声優アイドルグループ22/7が満を持してアニメ化.

大人気バラエティ番組の計算中を一年以上やった上でのアニメ化なので,計算中が本編でアニメは外伝のような位置づけと言っても過言ではない(主客転倒).計算中についてはアニメ放送終了後に第二シーズンを開始し,来年からは検算中と名前を変えてリニューアルされる.大人気コンテンツだね.

キャラクター良し,楽曲良しなのに脚本・構成が厳しかった.声優も上手いとは言えなかった(あくまでメインはアイドルやからね)けどたぶんそれは作品の出来を左右する問題ではない.

一人一人のキャラに一話割くのは(個々のキャラ人気に依存するアイドルアニメなので)仕方ないが,各話が独立していて全体の流れがなかったのが問題だった.みうちゃんとニコルちゃんの関係性,最後の最後で明らかになってもああそうですか……としかならない.

とはいえ,edの空のエメラルドには2020年ベストed賞あげたくなる(なお各キャラ回がキャラソンedなので出番は少ない)し,滝川みうの「やりたくないことをしに来ました」も名セリフ賞候補.

内容にまとまりがないことを除けば毎週楽しみに見れました.ナナニジのライブぜひ行きたいわね. 

 

  • プランダラ

2020年上半期を彩るまさかの2クールアニメ.

2話から9話は中世的世界観の町で起こるエロ日常譚であり,ほとんど話が進まない.これがなければ文句なしでA評価をつけていた.

後半からこの世界の真実が徐々に明らかになっていき,SF異能力アニメと化す.SF的要素と異能力物の組み合わせは相性が良い(当然ながらタイプリープ能力者が出てくる).

隠蔽された"〇〇の撃墜王"と呼ばれる異能力者についての謎だけで物語としては十分で,エロは不要ではないかと思う.

放送枠が防御極振りの前枠(水曜25時から)だったので,その序でにつまらないエロアニメだなと思いながら見ていた.防振りなければ後半化ける前にすぐ視聴を切っていただろうし,ちゃんと網羅的にアニメを見て,面白作品を掬い上げないといけないと思いました.